地蔵(梶原正二作)

寂光

平成27度11月展示会出品作品です。

ほんのりとしたピンク色の蓮の花びらを光背に見立て、その端に宝珠をもったお地蔵様が立っています。

宝珠は願いを叶えると言われ、「寂光」も仏教用語で「真理の寂静とその智慧の働きとしての光照。真理・知恵の二徳を表す」との意味があります。

通信販売で購入可能です。

はるのの

平成27度11月展示会出品作品です。

お地蔵様が、タンポポを枕にお昼寝しています。

手にも小さなタンポポを握っています。どんな夢をみるのでしょうか。

タイトルは「はるのの」。

暖かい心地よい日差しが感じられる作品となっています。

通信販売で購入も可能です。

四季地蔵

特に人気があるお地蔵様です。春夏秋冬で着物の模様も違います。

手のひらに乗るかわいいサイズで、テーブルの上にちょっと置いたり、贈り物にも人気があります。

忙しい生活の中でもほっこり癒されてください。

作者本人にちょっと似てる…という噂も。

通信販売でお買い求めいただけます。

雨のち曇り、時々晴れ

傘のように蓮の葉を手にしたお地蔵様。

雨が降っているのでしょうか。

葉の上には、アマガエルがちょこんと乗っています。

移り変わる天気のような、人生のようなイメージを感じさせる作品です。

通信販売で購入可能です。

お月さま

三地蔵(夢叶い、幸せ、願い)

三つのお地蔵様です。

夢が叶うと言う仏宝の「宝珠」をもった「夢叶い地蔵」、蓮のつぼみを持った「幸せ地蔵」、願いを叶える「願い地蔵」です。

通信販売で購入することもできます。

「ちいさな癒やし展」NHKニュースで紹介され、大人気でした。

花咲地蔵

桜満開のドームの中にいるお地蔵様です。桜は一つ一つ、点々一つ一つまで、全部手作業で彫りこんでいます。

通信販売で購入する事もできます。

梶原正二のお地蔵様は、素焼きの肌を活かした優しい風合いを大切にしています。

素地のままのため、ごまかしが利きませんが、一つ一つ手作りの暖かさがあります。

NHKでも紹介されました。